プロフィール

kashida(樫田森)

Author:kashida(樫田森)
博物研究家、写真家(自称)
モノクロ写真と自然を愛する風来坊です
I am a vagabond who love nature and black and white photo.

私のサイト My website

歩こう関東の自然と歴史(引越前)
日本の景観写真館
関東の自然
Landscape of Japan
70年代鉄道写真館
kashidaの鉄道日記
環境とエネルギーを考える

youtubeの私のページ(未公開動画あります)

カテゴリー

アウトドア店

好日山荘
さかいや
ICI石井スポーツ

楽天市場 楽天フリマ

群馬県の本

自然美マップ
群馬の自然をたずねて
群馬県の歴史散歩

千葉県の本

千葉県の歴史散歩
千葉県自然観察ガイド―97コース+9トピックス
千葉県の山
新・千葉県 地学のガイド
千葉県地学のガイド 続
千葉いきもの図鑑

歴史の本

アースダイバー
黒曜石3万年の旅

このブログはリンクフリーです にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ 人気blogランキングへ


植物の本

日本列島の植物

アウトドアの本

山でクマに会う方法

リンク

当サイトはリンクフリーです

このブログをリンクに追加する

博物館

サイエンスミュージアムネット
国立歴史民俗博物館
国立科学博物館
地質標本館
東北大学理学部自然史標本館
栃木県立博物館
栃木県立日光自然博物館
群馬県立自然史博物館
茨城県自然博物館
千葉県立中央博物館
埼玉県立自然の博物館
埼玉県立自然史博物館
入間市博物館
神奈川県立生命の星・地球博物館
横須賀市自然・人文博物館
山梨県立科学館

官公庁

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

歩こう関東の自然と歴史
私がいつも歩いている関東の自然、歴史、本などを中心に日々のできごとをつづっていきたいと思いますのでヨロシク(関東以外の話題も少し混じっています) kashida's blog about nature and history of Japan
下総国相馬郡役所跡と鎌倉街道
成田線の湖北駅と新木駅の間に県立湖北高校があります(現在は廃校)。

DSC00354 (1)

この場所に古代の下総国相馬郡の郡役所がありました。相馬郡は現在の柏市、我孫子市、取手市、守谷市などを含み、古代の東海道がこの付近を通っていました。そして街道上の宿駅である「於賦(おう)」駅がこの付近にあったといわれています。

DSC00352 (1)

これは復元図で、たくさんある建物は農民から徴収した米をおさめる倉庫だそうです。(奥に見えるのは手賀沼)

あと、こんなものも出土したそうです。

DSC00353.jpg

これは奈良時代の貨幣である和同開珎の銀銭で、建物の地鎮祭に使うために半分に割ったそうです。和同開珎はほとんどが銅で銀は珍しいそうです。

湖北高校の裏手に回るとこんな道があります。
DSC00356 (1)

これは中世の鎌倉街道(鎌倉と常総地方を結ぶ街道)だそうです。鎌倉時代の街道網は↓のようになっており、
DSC00489.jpg

湖北高校の裏を通っている道は下道と呼ばれ、ちょうど古代の東海道と同じルートを通っていたようです。

この付近は今は何もない田舎ですが、古代中世はメインルートだったのですね。

                                 我孫子市日秀

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

トキワツユクサ


最近は遠出する機会がないので、自宅の近辺を歩いています。林の中で写真の白い花の群落を見ました。

調べるとこの花はトキワツユクサといって、南米原産の帰化植物だそうです。ムラサキツユクサ属に所属するそうで、第三紀ころ(数百万年前)に、アジアでムラサキツユクサと分岐した植物の子孫がベーリング陸橋を通って南米に至ったのでしょうか。

この種は、要注意外来生物に指定されているらしく、生態系に悪影響が懸念されているようです。日本の平野部は外来種だらけです。

                                                    我孫子市船戸

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

前方後円墳


手賀沼の北岸に古墳があるということなので行って見ました。

すると、見事な前方後円墳でした。
説明板によれば、全長は89mで、東葛地区で最大の前方後円墳だそうです。
出土品によれば、時期は西暦400年前後だそうで、ヤマト政権が成立して
まだ間もないころのようです。(応神天皇のころか)

もうその時期にヤマト政権の支配がこの辺まで及んでいたことがわかります。


大きな地図で見る

地図の水神山古墳です。

DSCF1451.jpg

手賀沼から見ると台地のへり(↓のところ)にあります。
恐らくこの辺の豪族が、手賀沼を航行する船に見せ付けるために古墳を造ったと思われます。

私は前方後円墳を目の前で見たのは初めてで、とても感激しました。
北総地区は古墳の宝庫らしいのでいろいろしらべてみようかと思います。

                                  我孫子市高野山


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

ホシベニカミキリ
hosibeni.jpg

最近まで我孫子、柏市内の現場でした。

台地の上の森に上がると、こんなものが目に入りました。
この虫は「ホシベニカミキリ」と言って、タブノキやクスノキ
の樹皮をこんな形に食べるそうです。
(この木は違う木ですが)

「本州、伊豆諸島(大島、新島、式根島)、隠岐、四国、九州、対馬、種子島、屋久島;中国、台湾に
分布する」そうで、ちょうど照葉樹林の分布する地域と一致しています。


氷河期以降の温暖化により、照葉樹林とともに大陸から日本にやってきたものと思われます。
(実は日本人の祖先の一部もそうだったりする。「日本人の祖先とともに」と言ってもいいのかも
しれません)


テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真