プロフィール

kashida(樫田森)

Author:kashida(樫田森)
博物研究家、写真家(自称)
モノクロ写真と自然を愛する風来坊です
I am a vagabond who love nature and black and white photo.

私のサイト My website

歩こう関東の自然と歴史(引越前)
日本の景観写真館
関東の自然
Landscape of Japan
70年代鉄道写真館
kashidaの鉄道日記
環境とエネルギーを考える

youtubeの私のページ(未公開動画あります)

カテゴリー

アウトドア店

好日山荘
さかいや
ICI石井スポーツ

楽天市場 楽天フリマ

群馬県の本

自然美マップ
群馬の自然をたずねて
群馬県の歴史散歩

千葉県の本

千葉県の歴史散歩
千葉県自然観察ガイド―97コース+9トピックス
千葉県の山
新・千葉県 地学のガイド
千葉県地学のガイド 続
千葉いきもの図鑑

歴史の本

アースダイバー
黒曜石3万年の旅

このブログはリンクフリーです にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ 人気blogランキングへ


植物の本

日本列島の植物

アウトドアの本

山でクマに会う方法

リンク

当サイトはリンクフリーです

このブログをリンクに追加する

博物館

サイエンスミュージアムネット
国立歴史民俗博物館
国立科学博物館
地質標本館
東北大学理学部自然史標本館
栃木県立博物館
栃木県立日光自然博物館
群馬県立自然史博物館
茨城県自然博物館
千葉県立中央博物館
埼玉県立自然の博物館
埼玉県立自然史博物館
入間市博物館
神奈川県立生命の星・地球博物館
横須賀市自然・人文博物館
山梨県立科学館

官公庁

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

歩こう関東の自然と歴史
私がいつも歩いている関東の自然、歴史、本などを中心に日々のできごとをつづっていきたいと思いますのでヨロシク(関東以外の話題も少し混じっています) kashida's blog about nature and history of Japan
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊半島大水害について
先日、紀伊半島で大水害が発生しました。
私にとっては、あの辺はなじみ深い場所で、大学生の時、地質調査をするため、一人で山奥で3ヶ月も生活したところなのです。



これは旧熊野川町の日足地区の惨状です。ここは旧熊野川町の中心で町役場のあったところです。
おそらくこの標識の下あたりに国道168号線があるものと思われます。

↓は災害前です。

hitari2.jpg

いかに水位の上昇がすさまじかったかがわかります。

私はここから10Kmくらい山に入った集落に下宿していました。(小口集落といいます)
さらにその山奥に小さい集落が点々と散在していました(各集落に児童10人未満の小学校がありました)。

当時は日足に出なければ新宮方面にいけませんでしたが、その後、古座川や那智勝浦方面へ道路が開通したと聞きました。(といってもすさまじい山岳林道ですが)

おそらくあの状況ですから、その道もやられているでしょう。それこそ山の上を通っている熊野古道を通って歩いて入るしかないのではないでしょうか。そんな状況が本宮や十津川方面にまで広がっているのですから、到達するのは東日本大震災よりも困難な気がします。

小口あたりの人々がどうしているかとても心配です。下宿先のおばさんが「自然ほどおそろしいものはないわ」と言っていました。そのときはピンとこなかったのですが、その意味がわかりました。


今回の災害では「深層崩壊」が多発したため、被害が大きくなったとのことです。↓

20110906-058514-1-L.jpg

本来この辺の岩盤は、硬い岩石なはずですが、そのようなところでは深層崩壊がおこるとは考えにくいです。また、発表された写真を見ると、地質はカチカチの岩盤には見えません。恐らく断層破砕帯か、古い地すべり地がすべったものと思われます。私の地質屋としてのカンでは、地質調査によって、ある程度危険箇所は把握できるような気がします。

紀伊半島と同じような地質は、関東地方から中部、近畿、四国に連続しています(四万十帯という)。この山はフィリピン海プレートの移動する力によって圧縮されて隆起し、今でもそれが続いているので断層が多く、崩壊を起こしやすいのです。

日本中で同じような災害が起こるものと考え対策をたてる必要があるでしょう。






















スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。